103万円と130万円 - 学生のアルバイトと親の扶養控除 -

 

【質問】学生がアルバイトをした場合、年間の収入によっては、
所得税がかかったり
親の扶養控除にも影響があるそうですが ・・・

【答え】
学生の場合、
130万円以下の給料ならば所得税はかかりませんが
親が扶養控除の適用を受けるには、
給料を103万円以下にしなければなりません。

【解説】
扶養控除の適用には、
アルバイトで給料を貰っている学生(子)の
一年間の合計所得金額が38万円以下、
という要件があります。
数ヶ所でアルバイトしていれば合算、毎年、判定します。
給与には給与所得控除額という控除があり、
年間の給与が1,619,000円未満の場合
650,000円を控除した金額が合計所得金額となります
(年間の給与が651,000円未満の場合は0円)。
年間の給与が103万円の場合に、
65万円を控除すると38万円の合計所得金額となり、
扶養控除の要件を満たします。
アルバイト収入を103万円以下に抑えるというのは
このためです。
一方、一年間の合計所得金額が

65万円以下であるならば(要件)、
アルバイトをした本人に所得税がかからない
勤労学生控除という制度があります。
勤労学生に該当し 、年間の給与が130万円であれば
65万円の控除で合計所得金額が65万円となります。
勤労学生の場合、

年間130万円まで親の扶養控除が受けられると
勘違いしている人が多いのですが、
本人(子)に所得税がかからないだけで、
(扶養控除の要件に該当しないため)
親には扶養控除が適用されませんので注意が必要です。

  子 (○)   親 (○)
アルバイト収入 所得税が 扶養控除を
103万円以下 かからない 受けられる
         
  子 (○)   親 (×)
アルバイト収入 所得税が 扶養控除は
103万円超 130万円以下 かからない 受けられない
         
  子 (×)   親 (×)
アルバイト収入 所得税は 扶養控除は
130万円超 かかる 受けられない

 

 

※上記のことは給与収入だけの場合を前提にしており、
社会保険料の要件も考慮していません。

他にも所得がある場合などでは適用されないこともありますので
要件を十分に確認して下さい。

 

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

 

2010-06-26

 

   

     社長の良き相談相手

     文京区白山の税理士  

     飯田幸洋です。 

     経営革新等支援機関にも

   認定されています。

     お気軽に

     お問い合わせ下さい。   

 

 

   

 ダイヤモンドMOOK
「役に立つ税理士&
 知って得する節税」に

 当事務所が掲載されて

 います。

 

 

 2010年4月から

 2012年3月まで

 専門家サイト

 ALL ABOUT ProFile

 にて投稿。 

 2012年3月には

 注目の専門家

 ランキング
 税理士の部で1位に

 選ばれました。

 

 


当事務所ではe-Taxの利用を推進しております。


■マイナンバー制度 

■簡易課税制度の

みなし仕入率改正 

■社宅の貸与と

給与課税   

■不動産賃貸、施行日

以後の消費税率

■法人の預金利息と

 復興特別所得税 

■個人株主が非上場

株式を売却する場合の税金 

■交際費、会議費と

 5,000円基準

■103万円と130万円

学生のアルバイトと

親の扶養控除

■法人が赤字決算-欠損

金の繰戻し還付請求-

 

などを

税理士のブログ

で解説しています。   

ご覧下さい。

その他の情報は、  

中小企業のための 

  税務ブログ」

を ご覧下さい。

 


マイナンバー制度の

解説です